、親近感があるか(感性)」、「分かりやすく、納得できるか(理性)」、「オリジナリティがあるか(創造性)」という審査基準のもと、延べ130名の消費者審査員による選考を経て61作品が入賞。